スノーボードを体験してみました

スノーボードの初心者がぶつかる最初の壁がターンである。重心の移動とエッジを使いこなすことが需要となる。

スノーボードのターンを学ぶ方法

スノーボードを体験してみました スノーボードを上達していく中で、多くの初心者が最初につまずくポイントがターンをすることです。雪に慣れ、少しずつ雪面を進む感覚にも慣れ、いざ斜面を滑ろうとすると、今度は滑らかに滑るための左右のターンを学ばなければなりません。ボードを斜面に縦向きに変えると突然スピードが上がるため、最初はそれがとても怖く感じられることと思います。

ターンを学ぶときに重要なのは重心の位置の切り替えです。まずは斜面の下側に体が向くようにし、横滑りの状態から始めます。進みたい方向の足のほうのエッジを緩め、徐々に下側へ滑らせるようにします。後ろ側の足は、ボードが斜面に縦となるよう向きをうまくコントロールしながら、同時に両足を前に倒しながら体の重心を前に持ってきます。進みたい方向にボードが進んでいくと、次はボードの前面のエッジを意識して、斜面の上側に立てるようにします。この一連の流れを滑らかに行うことで、綺麗なターンに繋がります。

理屈がわかっていても、最初のうちは身体がうまく動かないと思います。まずは斜面に対して体を下側に向かせる横滑りから、体を斜面の上側へ向かせる一度のターンを目標にやってみると良いと思います。一度ターンし、斜面の上側を向いてからバランスを整え、次はまた元に戻るといった、ひとつひとつの流れを着実に踏んでいくことが大切です。その繰り返しが連続したターンへとつながっていきます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スノーボードを体験してみました.All rights reserved.