スノーボードを体験してみました

スノーボードの端にはエッジと呼ばれる鋭利な部分がある。滑らかに滑るには重心移動とエッジの効かせ方が基礎となる。

スノーボードの進行方向に合わせたエッジの効かせ方

スノーボードを体験してみました スノーボード初心者は、ボードを履いて少し雪に慣れた後は、まず体重の移動を意識しなければいけません。体重を前にかけて滑るのか、後ろにかけて滑るのかということをし、自分の意思で自由にその切り替えができるようになる必要があります。それはスノーボードの上達のもっとも基礎的なことです。

どんなに平らな雪面でゆっくりゆっくり進んでいても、転んでしまうこともあるでしょう。それはボードのどちらかに重心が傾いてしまい、ボードの端にあるエッジが雪に引っかかってしまうためです。それは転ばずともブレーキになってしまうため、平らに近いような傾斜の緩やかな斜面を進むときは、できるだけ重心をボードの真ん中に持ってくることが大切です。

またターンをするときは、必ず斜面の上側にエッジを立てなければいけません。斜面の下側にエッジが来てしまうと、すぐさまバランスを崩し、簡単に転んでしまいます。ターンができるようになる前の多くの初心者は、斜面の下側に体を向けて、横滑りをするところから始めます。その場合も、重心は常に後ろ側を意識することになります。その後、右左とターンを繰り返すときは、進行方向に応じたエッジの効かせ方が重要になってくるのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スノーボードを体験してみました.All rights reserved.