スノーボードを体験してみました

スノーボードは雪を滑り降りるスポーツです。基本的な説明と歴史の紹介、また必要な用具についての説明です。

スノーボードの基本的な説明と歴史

スノーボードを体験してみました スノーボードとは専用のボードの上に横向きで乗り、雪の上を滑り降りるウィンタースポーツです。軸足を前に置き利き足を後ろへ置くのが一般的で、左足が前になるレギュラースタンスと右足が前にるグーフィースタンスのに種類があります。利き手と利き足の左右は同じではない事があります。

1800年代には一枚のボードで雪山を滑っていたという説もありますが、1963年にアメリカで作られたスキーボードや1965年に作られた雪上サーフィンの玩具が起源とも言われています。その後派生した初期のものは、ボードの面積が大きくサーフィンの様に新雪を滑り降りるものであったのでスノーサーフィンと呼ばれました。この当時はフィンがついていたため、圧接された状態の雪では上手く滑る事が難しく、メーカーのカタログには「30cm以上の深雪が必要」と記されていました。

スノーボードを楽しむにはいくつかの用具が必要です。まずボードです。これは初心者向けの比較的安価なものから上級者やマニア向けのものまで幅広くあります。ブーツはスノーボードをする時に履く専用のものです。このボードとブーツを固定する器具をバインディングと言い、ボードに直接取り付けて使用します。その他ウェアやゴーグル、ヘルメットやデッキパッド等が挙げられます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017スノーボードを体験してみました.All rights reserved.